氏子総代会


大和天満宮 氏子総代会会則

第一章 総 則

第一条
本会は、大和天満宮 氏子総代会という。

第二条
本会の事務所は、大和天満宮社務所内に置く。

第三条
本会は、大和天満宮の運営及び諸行事に協力協賛し、地域住民との交流を図り、大和天満宮の奉賛及び振興を図ることを目的とする。

第四条
本会は、前条の目的を達成するため、大和天満宮の祭祀に協力し、必要な事業を行う。

第五条
本会は、大和天満宮の氏子又は崇敬者の中から左の各号によって選出され、大和天満宮宮司が総代会会長と協議の上、委嘱した総代役員によって組織する。

一、大和天満宮氏子地区の中から選出された総代役員
二、右の他 学識経験者

総代役員は、氏子又崇敬者の代表で宮司に協力し、祭祀及び信仰的諸行事を掌る。


第二章 機 関

第六条
本会に以下の執行部役員を置き総代役員が互選する。

一、会 長  一名
二、副会長  二名
三、会 計  二名
四、書 記  二名

会長は、本会を代表し会務を総括する。副会長は、会長を補佐し、会長に特別な事由がある場合は、会長に代わってその職務を行う。会計は、会計帳簿を保管し会計を掌る。書記は、各会議の司会を務め庶務を掌る。氏子総代会役員会は、宮司と協議の上、会長が招集する。

第七条
本会に監事二名を置き会長が氏子会の中より選任し本会の財務及び業務を監査する。
但し任期は三年とする。

第八条
総代役員の任期は三年とする。但し再任は妨げない。

第九条
本会に顧問若干名を置くことができる。顧問は、宮司及び総代役員が協議の上、会長が委嘱する。


第三章 総 会

第十条
本会の総会は毎年一回、宮司、氏子総代役員、各奉賛会代表をもって行う。臨時総会は必要がある場合に宮司及び総代役員協議の上、会長が招集する

第十一条
総会の議長は会長が役員及び総会出席者の中より選出する。

第十二条
議長は、議事を円滑に進行し処理をする。

第十三条
総会の議事は、定数の過半数で決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

第十四条
総会は、以下の事項を行う。

一、事業報告
二、決算報告
三、事業計画
四、予算案
五、役員承認
六、その他必要と認めた事項


第四章 会 計

第十五条
本会の会計は、御祈祷料、御賽銭、御札、寄附等の収入をもって運営する。

第十六条
会計年度は、毎年四月一日より翌年三月三十一日迄とする。


第五章 補 則

第十七条
本会則の変更にあたっては、総会の議決を得ねばならない。


付 則
本会則は、平成二十九年四月一日から施行する。


最終改訂日:2017年3月19日


大和天満宮 氏子総代会会則 内規

一、
会則第四条の中に年間行事として次の事業を行う。
①元旦祭  一月一日
②左義長祭 一月十四日
③初天神祭 一月二十五日
④節分祭  二月三日
⑤例大祭  八月二十五日前後
※例大祭期日は役員会で決める
⑥七五三祭 十月・十一月

二、
会則第五条の氏子総代役員選考は、各奉賛会より所定の推薦届により、氏子総代会長へ提出し、宮司と協議の上委嘱する。但し、二〇〇世帯まで二名、四〇〇世帯まで三名、六〇〇世帯まで四名とするが目安であり決定でない。

三、
会則第六条の執行部役員の任期は三年とする。但し、再任は妨げない。また本会に事務局を置く。

四、
会則第十条の総会は、会計年度終了後二ヶ月以内に会長が招集する。総会は、宮司・氏子総代役員・奉賛会代表合計の二分の一以上の出席を以て成立する。但し、委任状を含むものとする。また臨時総会もこれに準ずる。

五、
会則第十三条の定数とは総会出席者と委任状を指す。

六、
大和天満宮内に、青年部と婦人部を置く。


付 則
本会則は、平成二十九年四月一日から施行する。


最終改訂日:2017年3月23日

大和天満宮 氏子総代会 役員

宮 司   山 本 孝 司
会 長   中 丸  正
副会長   斉 木  豊
副会長   吉 田 憲 彦
会 計   秋 山 哲 美
会 計   熊 井 孝 子
書 記   下 田 幸 春
書 記   横 川 信 哉

他 役員 15名


(2018年4月1日現在)