ご祈祷


ご祈祷とは、神職が皆さまと神様との間を取りもち、皆さまの願いを神様に祈り捧げる儀式です。 神様がまつられたる拝殿にて、身を清め、神職を通じて願い事を届けることから、もっとも丁寧な参拝方法とも言われています。 当宮では人生の通過儀礼、年中行事、厄除けなど、さまざまなご祈祷を執り行っております。

厄除け

日本には一生のうち何らかの災難に遭遇する恐れの多い年齢を「厄年」と呼び、忌み嫌う風習があります。ご祈祷を受けることで、その年の無事を祈ります。

七五三詣

七五三は、子どもの健やかな成長を祈って執り行われる日本伝統の年中行事です。

三歳は「髪置(かみおき)」
男女とも おこないます
五歳は「袴着(はかまぎ)」
男児のみ おこないます
七歳は「帯解(おびとき)」
女児のみ おこないます

本来は数え年で行いますが、満年齢でお祝い頂いても構いません。 ご祈祷の後に、お守り、記念品、千歳飴 他を授与いたします。

人生儀礼

《安産祈願》
お子様の無事な誕生と安らかな出産を願う
《初宮詣り》
お子様の誕生を祝い健やかな成長を祈る
《十三詣》
13歳を迎えたことへの感謝を伝え「知恵」を授かり、今後の学業成就と成長を祈る
《成人式》
20歳を迎えたことへの感謝を伝え「成人」としての、今後の成長と繁栄を祈る
《年祝い》
還暦(満60歳:数え61歳)
古希(数え70歳)
喜寿(数え77歳)
傘寿(数え80歳)
米寿(数え88歳)
卒寿(数え90歳)
白寿(数え99歳)
百寿(数え100歳)
茶寿(数え108歳) など
それぞれの歳を無事に迎えられたことを感謝し、さらなる健康を祈願する

諸願成就

《合格祈願・学業成就》
学問の習得、試験の合格、就職の合格を祈る
《心願成就》
達成したい目標や夢の成就を祈る
《商売繁盛》
会社や家業の益々の発展を祈る
《交通安全》
無事故安全を願う
《家内安全》
家族の皆様の健康や安全を願う
《病気平癒》
さまざまな病いのすみやかな快癒を願う

ご祈祷の受付

大和天満宮 社務所にて受付けております。
受付時間:10:00~15:00
TEL 046-264-0802

・お名前
・ご住所
・ご連絡先
・願意
・ご希望日時

などをお伝えください。

《出張にてのご祈祷》
ご祈祷にうかがえる距離と地域に制限がございますので、あらかじめ社務所にご相談頂きます様、よろしくお願い申し上げます。